【御影 雫】公式サイト


ホーム 私の小説 好きな作品1 好きな作品2 お知らせ 問い合わせ
 

落ちこぼれ国を出る〜実は世界で4人目の付与術師だった件について〜

落ちこぼれ国を出る~実は世界で4人目の付与術師だった件について~(5)

第5巻Amazon Kindleにて発売中!
第151話〜第190話・ショートストーリー5話収載。
落ちこぼれ国を出る~実は世界で4人目の付与術師だった件について~(4)

第4巻Amazon Kindleにて発売中!
第111話〜第150話・ショートストーリー5話収載。
落ちこぼれ国を出る~実は世界で4人目の付与術師だった件について~(3)

第3巻Amazon Kindleにて発売中!
第71話〜第110話・ショートストーリー5話収載。
落ちこぼれ国を出る~実は世界で4人目の付与術師だった件について~(2)

第2巻Amazon Kindleにて発売中!
第31話〜第70話・ショートストーリー2話収載。
落ちこぼれ国を出る~実は世界で4人目の付与術師だった件について~

第1巻Amazon Kindleにて発売中!
第1話〜第30話収載。
孤児院育ちの独身男<斉藤甚九郎>は、ハロワ帰り不運にもトラックに轢かれてしまう。
目が覚めるとそこは高級感あふれる部屋だった。

転生先の少年<ジンク>はノンランド公爵家の長男。
将来は公爵家を継ぐ立場の筈だが……彼は落ちこぼれ故に濡れ衣を着せられて廃嫡され、国外追放の刑に処される事が確定していた。

いきなりの超ハードモードに、頭痛を覚えながらも足掻こうとするジンクはふと違和感を抱く。
「あれ?何でゲームのステータスみたいなものが見えるんだ?」と……。
 

進藤ヒカルが子役になったら〜ヒカル(偶に佐為)のシリアルな逆行記〜

進藤ヒカルは40年以上7冠に君臨し続けた。30年以上黒星が付いたことはなく、囲碁界の皇帝として長きにわたり君臨した。
しかし皇帝は不満であった。囲碁は2人で打つもの。1人の実力が飛び抜けた状態では、神の一手を極めることは出来なかったのだ。
皇帝は失意のまま息を引き取り、3歳まで逆行した、、、


*この小説は「ヒカルの碁」の二次創作です。
*この小説はギャグです。飲み物を飲みながら読まないで下さい。
*実在するプロ棋士や囲碁界とは一切関係のないフィクションです。
投稿サイトで読む
 

うちは転生!?〜お地蔵さんに相談したらサスケの双子の弟に転生させてくれました!〜

俺には前世の記憶がある。日本という恵まれた国の子供として生まれ、何不自由なく暮らしていた記憶が。海外旅行中にテロ組織に攫われ、親子共々拷問死させられた記憶が。

そして今、俺は前世で読んだNARUTOの世界に、うちはサスケの双子の弟「うちはアラシ」として転生したようだ。

*この小説は「NARUTO」の二次創作です。
投稿サイトで読む
 
Copyright © 2019 【御影 雫】公式サイト All rights reserved.